よくある質問

注意事項に関しての質問例

Q:毛が長いと当てられないのは何故ですか?

A:毛が長いとジェルを塗布する事でけが寝てしまい、肌表面についてしまいます。光は黒いものに反応するので肌についた毛に反応して熱に変わり、熱さを感じてしまいます。また、毛乳頭に60°C~70°Cの熱を与えることで脱毛をしていきますが、表面の毛に反応することで毛乳頭まで熱が届かなくなり、脱毛の効果に影響が出てしまいます。

Q:どうして当日のシェービングはダメなのですか?

A:毛が短くなりすぎてしまう場合があります。また、シェービングしたばかりの肌は薄く敏感になっていて、炎症が起こりやすい状態です。シェービングは遅くても前日までにすませていただきます。
特に夏期はカミソリでシェービングをしたあと、お肌が汗に反応して炎症を起こしている方が多いです。せっかく来店頂いたのに施術ができないということがないように、初回カウンセリングでシェービングのタイミングについてしっかりお伝えします。

Q:なぜ毛抜きは使っちゃダメなのですか?

A:毛抜きを使ってしまうと、肌にダメージを与えてしまうことで、毛嚢炎や鳥肌、埋もれ毛、色素沈着の原因になります。また、毛抜きを使用することで、脱毛の際に反応させたい毛乳頭に毛がついていない状態になり、脱毛の効果に影響がでてしまいます。今後は毛抜きではなく、肌に刺激が少ない電気シェーバーでの処理がおすすめです。

Q:瀬術後の保湿にクリームやオイルを使ってはいけないのは何故ですか?

A:照射後は毛穴の中に熱がこもる状態です。その上にクリームやオイルの油分をつけてしまうと、油膜ができ、毛穴の中に熱を閉じ込めてしまいます。赤み、かゆみなどの肌トラブルの原因になりますので油分の含まれていないものでの保湿をします。

Q:瀬術後の飲酒(運動)はなぜダメなのですか?

A:照射後は毛穴の中に熱がこもる状態です。お酒を飲むと(運動をすると)体がほてり、赤みが出ることがあります。また、代謝がよくなり汗をかくことによって痒みがでてしまう場合があります。飲酒(運動)は控えて頂きます。
聞いていなかった!ということがないように初回カウンセリングでしっかり確認します。

Q:施術後の入浴は何故ダメなのですか?

A:照射後は毛穴の中に熱がこもる状態です。入浴をすることによって、さらに熱を加えてしまいめす。赤みな痒みの原因になります。安全に脱毛を受けていただくため当日はぬるま湯のシャワー程度でお済ませください。また、ごしごし洗うなどの刺激は与えないようにします。

Q:注射を前後1週間以内に受けた場合なぜ施術を受けられないのですか?

A:注射は体内に薬剤を注入します。もし光に反応してしまう成分が入っていた場合、照射することによって肌トラブルに繋がってしまいます。安全に施術を受けて頂くため、照射をお断りします。来店したのにできなかった!ということがないように初回カウンセリングでしっかり確認します。

Q:採血後の施術は受けられますか?

A:採血後に体調が悪くなければ照射は可能ですが、採血針を指した所の照射は避けていきます。また、体調がすぐれない場合は肌も敏感になっているため、施術をお断りします。

Q:乾燥していると施術を受けられないのは何故ですか?

A:乾燥している肌は細胞間脂質が少なくなっていて、刺激に弱く熱の影響を直ぐに受けてしまうため、肌トラブルにつながりやすい状態です。
乾燥を防ぐためカミソリのシェービングをシェーバーでのお肌の負担の少ない処理に変え、保湿を入念に行って肌状態を整えて頂きます。

Q:生理中は施術を受けられますか?

A:サロンによって異なります。感染症予防のほか、ホルモンバランスの変化によってバリア機能が低下し肌荒れトラブルを起こしやすく、脱毛の効果が出にくいなどの理由で施術をお断りするサロンもあります。

Q:施術前後の日焼けがダメなのは何故ですか?

A:日焼けをすると肌の中に熱がこもります。その上からさらに脱毛で熱を加えてしまうと火傷をしてしまう可能性があります。施術後の毛穴の中に熱がこもった状態で日焼けをすると、同様に火傷や白斑等の肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。紫外線対応を心がけます。
来店したのに日焼けをしてしまって出来なかった!というこのがないように初回カウンセリングでしっかり確認します。コミュニケーションをしっかりとり、旅行の予防など確認をしていきます。

Q:妊娠していると施術を受けられないのは何故ですか?

A:ホルモンバランスが整っていないため、効果が見込めません。また、ベットの上り下り、店舗での転倒事故などのトラブルを避けるため、妊娠中の方の施術はお断りします。産後は生理が2回来てから、断乳後は2ヶ月過ぎてから施術を再開していきます。

Q:アトピーの症状がでているお肌に照射ができないのは何故ですか?

A:薬を服用されている方、痒み・炎症などアトピーの症状がある方は照射ができません。患部を避けて照射しても、毛穴の中に熱がこもることで乾燥し痒みの範囲が広がる可能性があるため施術を控えます。薬や保湿剤でのケアをしていただき、状態が落ち着いてから施術行います。

Q:薬の服用後はなぜ施術ができないのですか?

A:薬の成分によって光に過剰に反応してしまう可能性もあります。薬の服用後は24時間あけていただきます。
飲んできた為施術が受けられない!ということがないように初回カウンセリングでしっかり確認します。

Q:ケロイド部分は避けての照射もダメですか?

A:ケロイド体質の方は少しの傷でもケロイドになります。何らかのトラブルが起きた時、お客様にとって一生の傷になってしまいます。施術はお受け出来ません。申し訳ありめせん。
カウンセリングの際」施術の前にお肌の状態を確認してケロイドの有無の確認をしっかりします。

Q:シミの照射ができないのは何故ですか?

A:シミは光エステで薄くなる方もいれば濃くなる方もいらっしゃいます。また、お医者様でも老人性色素斑なのか肝斑なのか雀卵斑なのか、見分けることは非常に難しいです。

Q:施術前後のエステやマッサージをしてはいけないのは何故ですか?

A:マッサージやエステでオイルを使用したりすると油膜ができ、毛穴に熱を閉じ込めてしまいます。また、マッサージで血行が促進され赤みや痒みの原因になります。施術前後のエステやマッサージは避けてください。

光脱毛についての質問例

Q:白髪は脱毛できますか?

A:ILP脱毛は毛のメラニン色素に反応させる方法です。もし、根元が黒いようであれば反応はしますが、完全にメラニン色素が残っていない場合は脱毛の効果が見込めません。

Q:光脱毛は永久脱毛ですか?

A:日本には永久脱毛の定義がありません。アメリカでは『最終コースこら1ヶ月後の毛の生成率が20%以下である脱毛法』が永久脱毛の定義とされています。光脱毛も2年間しっかり通って頂くと毛の目立たないすべすべの状態にすることができます。

Q:2年間通ってツルツルの状態になりましたが、また毛が出てくることはあるの?

A:光脱毛は毛乳頭を熱凝固して脱毛を行いますが、もし完全に熱凝固できていなければ再生する可能性があります。照射期間中に成長期でなかった毛が脱毛終了後に発毛する可能性もあります。一度も毛をはやしたことのない毛穴を潜在的毛のうと言いますが、薬剤や男性ホルモンによって毛が発生する可能性もあります。

Q:脱毛しても毛が硬くなった気がする?

A:今までシェービングをしていなかった毛に関してはシェービングをすることによって、毛の断面が太くなることで硬毛になったと感じることもあります。また、脇腹や肩などの産毛の箇所を弱い出力で当て続けることによって硬毛化しやすいとも言われます。一度高い出力で照射させていただいて、毛の変化を確認します。

Q:毛が抜けにくく、効果が出にくいです。

A:来店周期が乱れている場合は脱毛の合間にシェービングが増えることで毛周期が乱れてしまい、効果が出にくいです。また、定期的に来店しているのに抜けにくい場合は代謝が落ちているか、乾燥により肌が硬くなっている可能性があります。保湿ケアをしっかりして、入浴や軽いマッサージなどで代謝促進してお肌を柔らかくすることがオススメです。

Q:毛が濃いので高い出力で当てて頂くことは可能でしょうか?

A:光の出力に関しては『黒の濃さ✖️光の強さ=熱量』という計算式がえります。硬く太い毛ほ弱い出力でしっかり効果が出ます。もし硬毛に高い出力で照射をしてしまった場合火傷をしてしまう可能性もあります。出力も毎回、肌状態や前回の肌状態をもとに出力設定しています。

Q:毛が濃いので高い出力でやってもらいたいのでが?

A:光の出力に関しては『黒の濃さ✖️光の強さ=熱量』という計算式があります。硬く太い毛は弱い出力でしっかり効果が出ます。もし硬毛に高い出力で照射をしてしまった場合火傷をしてしまう可能性もあります。出力も毎回、肌状態や前回の肌状態をもと出力設定していきます。

キッズ脱毛についての質問例

Q:キッズ脱毛はなぜ回数がかかるんですか?理由は何ですか?

A:毛が細いため高い出力で照射する必要がありますが、肌が未熟なため出力を下げての照射になり回数がかかりめす。また、第二次性微のホルモンバランスの影響で脱毛の効果が出にくい、潜在的毛のうの活性化により動いている毛穴の数が増えることがあります。様子を見ながらまずは大人と同じぐらいの回数からスタートして、その都度今後の通い方についてお客様と相談していきます。

Q:3歳の娘にも脱毛させたいのですが?

A:こちらのマシンは3歳のお客様に施術できるほどお肌に優しいものですが、体感や体調などに変化があった場合、きちんと自分で説明できる年齢が小学校1年生くらいからです。7歳の誕生日がきてから脱毛をスタートしていきましょう。

Q:キッズ脱毛の通い方の注意点はありますか?

A:お子様の場合は学校行事などで日焼けをしてしまう可能性があります。運動会のある5月末から9月上旬は相談して施術をお休みして、肌への負担がないようにおススメしています。また施錠をするのはお休みの前にして次の日はゆっくりできる日にすることが肝心です。体調の変化などに気をつけてあげてください。

肌についての質問例

Q:脱毛してから汗が増えた気がします。

A:汗はほとんどが毛穴からではなく汗腺から出ています。脱毛前は毛に汗がとどまる状態ですが、毛がなくなることで汗が流れやすくなり、汗の量が増えたと感じやすくなります。汗自体が増えたわけではありません。汗が増えたと感じているようであれば、毛が減って脱毛の効果がでている証拠です。

Q:脱毛後にワキガが気になるようになりました。

A:脱毛が原因でワキガになることはありません。臭いの原因はアポクリン汗腺から出る汗に含まれる脂質やタンパク質を常在菌が食べて排泄したものです。また脱毛後に何らかの形で毛穴が開きっぱなしになり、皮脂や垢が溜まる事で臭いを発していることが考えられます。

Q:ワキの黒ズミが気になります。

A:シェービングの摩擦、制汗剤や皮脂が毛穴の中に詰まり酸化したものが原因です。このマシンでは美白効果のある波長も含まれているため、回数を重ねていくごとに肌が綺麗になります。普段のお手入れでも肌の黒ズミケアをしていきましょう。保湿をしっかりしてターンオーバーを促進し、タンパク分解酵素入り洗浄料やピーリングジェルを使用して黒ズミケアをしていきましょう。

Q:Vラインの脱毛をしてから肌の色が濃くなった気がします。

A:脱毛でお肌が黒くなることはありませんが、今まで毛に隠されていたところが見える事によってお肌が濃くなったと感じる事があります。このマシンは脱毛の波長に美白効果のある波長が入っているため、脱毛をしていくごとにお肌が白くなっていき、透明感がでてきます。